image

Carcassonne World Championships!!

はい、というわけでカルカソンヌ世界選手権に参加してまいりました!いぇー!

今回は9回目の開催で日本からの参加は4回目。


さてさてカルカソンヌ世界選手権の特徴といえばやはりこのアナログチェスクロック

なんとも言えない重圧感がある。
image

かなり使い込まれた感じ。
image


このチェスクロックがなかなかの食わせ物で、秒針が無いため細かい残り時間がわからない。
残り時間が5分程になると、針が赤い旗にかかり、0になると旗がパタッと落ちるという仕組み。
幸い応援に来てくれていた方がチェスプレーヤーで色々詳しく教えてもらい、大体の仕組みは直前に理解する事が出来た。
さて、チェスクロックを理解したところでもう一つ、今年の世界選手権の特徴。
なんと決勝を除く全ての対戦であのカルカソンヌ2.0が使われる。
image


これにはほぼ全ての参加者が(いや、慣れたのでやらせてくれよ…)と思ったに違いない。
少なくとも私はそう思った…。
いや、実際プレイしてみると紋章が大きくなって見やすかったりでそんなに悪くは無かったのだが。

そして大会ルールの説明。
先引きはOK!先手後手は最初から決まってるよ。時間は1人15分だよ。とかそんな感じの内容。
更に2.0は土管の紋章が1つ減ったとの事、これは驚きである。
私の土管置き場が…。
あ、ちなみにこの場で言っていたわけではないですがマイミープルの使用は禁止です。紫使いたかった。

ルールの説明が終わると早速初戦の相手が発表された。



1回戦 『vsルーマニア代表』
image

ルーマニア代表のミハイ・ウングレアーヌ氏との対戦。
流石に世界選手権ともあり私はかなり緊張して手が震えていた。プルプル。
序盤は少し押され気味だったが、2枚待ちだったアンダーバー(初期タイルね)を引き22点の都市を完成。
そこからは順当に逃げ切り勝利。
幸先の良いスタートとなった。
image




2回戦『vsポーランド代表』
image

ポーランド代表のトーマス・プロイス氏との対戦。
先程の勝利もあり、私は余裕を持ったプレイが出来ていた。
序盤で相手のコマを潰し、点数的にもこちらが勝っていた。
…はずだったのだが、草原に乗るのが遅れ、あれよあれよという間に追いつかれ、最後は2点差で負けとなった。実に綺麗なプレイングで驚かされた。こういう綺麗なプレイする人好きだなぁ。
対戦後は「決勝で会いましょう。」というお約束のセリフを言って握手を交わした。
image




3回戦『vsラトビア代表』
image

ラトビア代表のアレクセイ・ペギュシヴス氏との対戦。
昨年3位というかなりの実力者。
正直この試合はそうとう苦しく、終盤で普通には勝てないと見た私はギャンブルにでた。
一枚待ちの中都市に草原の乗っ取りを被せ、引けば勝利、引けねば敗北という状況を作ったのである。
そして運良く引き、なんとか首の皮一枚繋がったのだった。
正直この日で一番辛い試合だったように思う。
image




4回戦『vsオーストリア代表』

オーストリア代表のハンス・モストボック氏との対戦。
握手が一際強かった彼。
この頃にはかなり緊張もほぐれていた。
確実な着手を繰り返し、終盤相手がプレイミスをし、そこで勝負がついた。
対戦後、また一際強い握手を受け、昼食の時間となった。


~昼食タイム~
image

世界選手権は基本的に飲食自由となっており、10数種類のビュッフェと飲み物が置いてある。
ちょびっと皿に載せて食べていたら主催者のトーマスという大柄のおじさんに「そんなんで足りるのか?」と驚かれた。
彼らは本当に沢山の量を食べるから、私のように少食な人間は異生物に見えるのかもしれない。
さてさて、ここからが本番。


5回戦『ロシア代表』
ロシア代表のフィリップ・スミルノフ氏との対戦。
彼は物凄く寡黙な人で、しかも先引きOKなのに後引きをするという世界選手権ではちょっと変わったプレーヤー。なんか調子が狂う。(まぁ後引きには後引きの利点というものがあるのだが。)
彼はかなり早い内から草原プレイを初めていたが、終盤コマを切らしたところで上手く隙を突いて草原を奪取。無事に勝利した。
image




6回戦『オランダ代表』
image

オランダ代表のデイブ・ルザ氏との対戦。
ここまで日本選手権と全く同じ流れだったので、次は久保さんみたいな人だろうなぁ、と冗談を言っていたら、なんと職業がコメディアンの人と当たってしまった!
序盤中盤終盤と隙が無いプレイが出来て、さらに草原も抑えて余裕勝利かと思ったのだが、実は草原が繋がったと勘違いしてプレイしていて、更には最後の配置で明らかなミスをしまう。
しかし中盤で完成させた大都市の点数のお陰でなんとか勝利。
流石コメディアンだけあってノリノリのプレイ。私の下手な会話にも乗ってくれて凄く楽しい戦いだった。
image



予選結果
さてここで6試合が終わり順位が発表された。
1位はここまで全勝のスロバキア代表。
2位は私。日本選手権と同じ過ぎて笑っている。
3位は私と同じ5勝1敗のポルトガル代表。
4位は4勝2敗(引き分けはあったかもしれないが)の前年度チャンピオン、ギリシャ代表。

チャンピオンやカルカソンヌ世界選手権常連だらけの強豪揃いである。

また日本選手権と同じく、1位と4位、2位と3位が対戦を行う。
つまり私の相手はポルトガル代表。
少しの休憩を挟んで、いざ準決勝。



準決勝『vsポルトガル代表』
image

ポルトガル代表のリカルド・ジョルジ・ゴメス氏との対戦。
試合前に日本人の方が彼に「He is nineteen.」と私の事を紹介した。すると彼は低い声で 「I'm seventeen.」 と答えたのだった。
かなりの強者である。

さてプレイの方はというと、序盤で肥大化からの結合化を食らい、コマがいきなり2個殺された。
しかし彼はワントップ(突出した)ではないリップ片にあまりコマを置かない戦い方で、こちらが即リップ片を引いて完成、4点。4点。4点。と着実に点数を重ねていった。
そして無事に勝利、先程の未完大都市の点数もそこそこ大きかった。
image




決勝戦『vsギリシャ代表』
image

ギリシャ代表のパンテリス・リツァルドプロス氏との対戦。
とうとう来てしまった。やれば出来るものである。
彼はシード参加のディフェンディングチャンピオン。ここまで日本選手権と同じパターンならもう優勝しかない。


決勝はデカタイルとデカミープルで行われる。
image



持ち時間は1人30分。(長いね)
彼は予選4位なので先手は私。
今大会初の初手リップ片を引けて喜ぶ。
序盤で道のミープルを潰したものの一進一退の攻防が続く。

そして終盤お互いコマが1つになった時点でこちら側に5点の優位があり、彼は道付修道院で草原乗っ取りをかけるギャンブルに出る。
しかし、既に私は道修を引いていて、それを配置した瞬間彼に握手を求められた。

残り2枚のタイルをお互い捨て配置し、ゲーム終了。
13点差での勝利となった。
image




~まさかの優勝~
image

まさかの優勝である。
嬉しい反面、私は優勝時のスピーチや帰りの荷物の事で不安が一杯であった。

しかし優勝スピーチなどは特に無く、一安心。記念の写真を撮られまくる。こんなに撮られたのは人生初だな。
全員の表彰をして、無事終了。

応援してくれた方々、本当にありがとうございました!



~世界選手権の感想~
image

流石に世界ともなると強い人だらけである。
しかし感じたのは日本のレベルも相当高いということ。
またカルカソンヌ研究所や日本カルカソンヌ教会の存在でプレイの研究もかなり進んでいる。

もし、世界選手権に出られる方でこれを見た人は安心してください。
日本で優勝出来るということは世界でも十分通用するという事です。
そして私は2015年の大会にも参加します、決勝で会いましょう。(言いたいだけ)

ではまた。

初めてのドイツ『エッセンシュピール編』