各試合の雑な振り返り



1回戦 しんいちろうさん
勝ち

去年の初戦でいきなりTRAPSのボスに負けて、そのままずるずると予選落ちした記憶が蘇る。
しんいちろうさんは(カルカソンヌの対戦相手として)凄く苦手な部類の相手。なんでかって言うとめちゃくちゃ楽しそうで怖いから。俺の方が楽しんでるもん。

試合は途中まで接戦で終盤少しずつ勝ちに寄せていけた感じ。(全然違ったかも)
この試合は序盤にしては珍しく結構集中したし、勝って兜の緒を締められた良い試合だった。

あとこれは直接言ったからここに書くことでもないんだけど、相手の手番中に指差しカウンティングをするのはあんまり良くないと思う。




2回戦 ズミさん
勝ち

あー、やだやだ。連続で強い相手に当たると辛いわー。みたいな事を言う俺が凄くオカマ口調っぽい。やだやだ。

なんだかんだiOSで一番勝率が低い相手な気がする。型にはまって無いのが強い。
序盤でいきなり20点都市完成させられるも、大草原27点で逆転勝ち。カルカソンヌの妙味。




3回戦 野中さん
勝ち

ずっと後手でやっとじゃんけんに勝って先手を取れたので思わず「勝ったー!」と叫ぶ。全然成長してない。
今年始めたばっかと言う割には普通に強い。ただ俺だってなんだかんだ5年くらいやってるわけなんだから負けるわけにはいかない。
割と手堅く勝った気がする。




4回戦 宮林さん
勝ち

見せ場。
「もっと強くなるにはどうしたらいい?」なんて柄にも無いこと言ってんなとか思ってたら、しっかり全勝してるし。

カルカソンヌの奇跡は2タイル連続までならよく起こる。そんな感じで中盤でほぼ勝ち確定。イェイ(カメラに向かって)

しかし宮林さんほど嫌みなく悪態をつける人って居るんだろうか。憧れる。




5回戦 矢野さん
負け

ここまで全勝でなんかおかしいなぁと思ってた。
完全に集中力が切れてるときの音が頭の中で流れていて(ピコンピコン)こりゃダメだと。

最後の得点計算は自分が何点入れたのかわかんなくなっちゃうし、かっこわりぃなぁ。
しかし5回戦で負けるのって嫌だね。

どうでもいいけど矢野さんはパンテリスっぽさがあって好き。




6回戦 ハイライフさん
勝ち

割と予想してない相手ではあったけど、妙に納得させれられるハイさんの凄み。
確か以前名古屋でやってボコボコにされたんだよな。

ハイさんのコツコツプレイにこっちの手が追いついていて勝ち。
「妨害するよりコツコツやった方がええよな」
これが正解でいて間違ってもいるのがカルカソンヌのおもしろいところ。




準々決勝 安藤さん
勝ち

「元世界チャンピオンがelo1800に負けたらかっこわるいですよね~??」
「いやでもこないだ1200の人に負けたんですよね…」
ウケる。

打ち筋が光ってた。相手の行動する常に一手先に自分のやりたいことが出来た。気持ちよく、そして強いカルカソンヌ。




準決勝 もちもちさん
勝ち

この人ほどありとあらゆるゲームで強い人を俺は知らない。カルカソンヌが楽しくないって言われた時は凄い寂しかったけど、それでも準決までこれちゃうんだもんな。

中盤での相手の草原見逃しが勝負を分けた用に思う。
準決に相応しい良い試合だった。
来年も出てよ…。




決勝 藤本さん
勝ち

なんか初めて見る人が決勝に居る…!何者なんだ!不安!
しかしそこは名古屋の頭脳ユキさん、何故か前日に一戦交えてる。(すげぇな笑)

ユキさんからの対戦評(やたら的確)を貰って、デカタイル15分という地獄に挑む。

終始俺らしく堅実に、そして虎視眈々と打てていて、後で見返しても心地が良い。
終盤いくらか俺に風が吹いて、そのまま勝利。

この試合は正直名古屋のみんなにとても助けられた。みんな本当にありがとう。
「グミが無い!」ポイッ!パシッ!







待ってろパンテリス